じゃこびの町

住所不定無職低収入

【1】カメラを止めるな!を観てきた【感想】

8月13日、カメラを止めるな!を観てきた。

場所はTOHOシネマズ名古屋ベイシティ。作品のタイトルも僕はこの日初めて知るレベルだったが、なんでもネットでカルト的な人気があるようで、今話題沸騰中らしい。誘われたのでとりあえず観に行った。

f:id:jacobmacfi:20180814112825j:plain


爆笑した。

久々にこんなに声を上げて笑った。300~400席のスクリーンでほぼ満席、しかもこんなにいっぱいの場内で笑い声が至るところから聞こえてくるなんていうのは初めての経験だった。
ただ笑えるというだけではなくて、作品の構造も素晴らしい。何を言ってもネタバレになってしまいそうだが、前半の違和感・伏線が、後半にこれでもかというほど回収されていくのは痛快。前半のあの37分があるから、そのあとの1時間が爆発的に面白くなるんだろうなぁ。これほど緻密なシナリオで、なおかつ分かりやすく観やすい映画はそうそうお目にかかれないと思う。あっぱれ。

低予算だの無名監督・俳優だのというのが話題になっているが、まず大前提としてこの作品は死ぬほど面白い。間違いなく映画史に残る傑作。マスターピース
最初はミニシアターで小規模の上映だったらしいが、今は全国各地のシネコンで大ヒットしているというのも頷ける。だっておもしろいもん。
この前ある漫画雑誌の編集長が、売れるタイトルというのは「友だちに見たことを自慢したくなる、広めたくなる」ような作品がなるのだと語っていたが、これなんかがまさにその典型だろう。僕自身、観賞後にツイッターのフォロワーや地元の友だちに「カメラを止めるな!やばい、すごい」「絶対観に行った方がいい笑えるから」と死ぬほどこの作品を勧めてしまった。


最後に、この作品は絶対映画館で観て大勢で笑い合った方がいい。ぼっちの人も心配ない。何故なら、隣を向けば知らないおっさんおばさんが膝をバンバン叩いて笑っているから。



まだ未観賞の方は、劇場に是非足を運んでみてください。ここから始まる伝説の目撃者に皆でなりましょう。