じゃこびの町

住所不定無職低収入

和井みずきさんのお楽しみ会に行ってきた

9月2日、目黒kahooで行われた和井みずきさんのイベントに行ってきた。

f:id:jacobmacfi:20180902235024j:plain

楽しすぎワロタ。

この日は梅田ブルク7での『君の膵臓を食べたい』舞台挨拶を見た後にそのまま東京へ行くぞ~いと思ってたんだけど、青春18切符を家に忘れたのに気付いて一旦帰宅。大急ぎで大阪駅に戻ってきて新大阪から新幹線で東京へ向かった。

jacobmacfi.hatenablog.com


普通に開始時刻前には余裕で会場ついた。6日前に急遽告知されたイベントとあって人数は少なめ。確か17人だったと思う。
受付をすませて店内を見渡すと、めっちゃお洒落な雰囲気のところで良い感じ。和井みずきさんとスタッフが「シャンティwithシャンティandシャンティfeaturing……シャンティ(ドヤポーズ」と謎フレーズを連発してて愉快だなぁ~となる。

バーカウンターに行ってみると、和井みずきさん自らお客さんのカクテル作って渡していてひっくり返りそうになった。コンカフェかここは。以前バーでバイトしてたからカクテルは普通に作れるらしい、すご。

f:id:jacobmacfi:20180904153903j:plain
前日眠れなくて書いたというメニュー表。かわいい。

全員グラスを持ってテーブルについたところで乾杯。ステージから降りて和井さんが一人一人順番にグラスとグラスをゴッツンコしていてサービス精神旺盛だなぁと一人で感動してた。
和井みずきさんが作ってくれたコークハイ、あり得ん美味なもの。ごっそーさん。


そこからはゆるいトーク。客席一人一人に色々質問したりされてていい感じのキャッチボールしてたと思う。和井さんが買ってきたポップコーンとかわさビーフ(最近はまってるらしい)を皿に広げてバリバリ食いながら皆さん喋ってんだけど、完全に宅飲みのそれ。

丁度1年前の9月2日に初めてイベントをやったので、一周年でもあるこの日に開催するに至ったらしい。

視力が裸眼0.01以下で~みたいな話をしてて完全におれやんけとなった。眼鏡のレンズが分厚過ぎてフレームからはみ出るとか、レンズ越しだと目のサイズが1/2になるとか話してて無限に共感。頷きすぎて首がもげそうになる。
Googleで「和井みずき」で検索しようとするとサジェストで「和井みずき メガネ」が出てくるらしい。あと「和井みずき ○○○」も表示されたとか。おーい。


1時間くらい経ったところでカラオケステージ。何歌うか全く決めてなくて客席からのリクエストで曲をポンポン入れてくもんだから恐れ入った。セトリはこんな感じ。


1.レスキューファイアー
2.からくりピエロ
3.Fancy baby doll
4.DISCOTHEQUE
5.READY!!
6.ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト
7.星間飛行
8.ノーザンクロス
9.ライオン
10.Snow halation
11.Anything Goes!
12.シュガーソングとビターステップ
13.ブラック★ロックシューター
14.Northern Rights
15.ロケッタ

バケモン。15曲を一気にばーっと歌ったわけではなくて、3時間以上かけて雑談交えまくりながら歌った感じ。



1.レスキューファイアー

一曲目から普段の和井さんでは想像のつかないアチアチな曲が飛び出してきて転がった。JAMは何故こうも熱い曲が作れるのか。周りの友達がJAM好きだったのもあって学生の頃はSKILLとかよく聞いてたとかなんとか言ってた気がする。信頼。

2.からくりピエロ

僕は宗教上の理由で昔からボカロを聞かせてもらえなかったためこの曲は初見だったものの、すごい良かった。しっとりオシャンな一曲。


3.Fancy baby doll

完全にお姫。かわいい。「ダンスもう忘れちゃったから!」とか言いつつめっちゃ踊ってて笑った。


4.DISCOTHEQUE

パヤパー。ここもダンスが凄かった。歌いながらよくあんなに踊れるなぁ、あっぱれ。
なんでもガールズヒップホップやってたとかで、あの異常に滑らかな腰つきにも納得した。


5.READY!!

プロデューサーの血が騒いでしまう曲きたな。なんでも高校のとき貴音のコスでステージに立って踊ってたらしい。テニミュ跡部さまとか真田もやってた?とかで爆笑。
アニメOPやゲームの振り付けで踊ってたようで、カラオケのアニサマ映像で流れてる中の人のダンスとの違いに戸惑う和井さん。あと、スタッフの二人がここめっちゃノリノリではしゃいでたのを僕は見逃さなかった。


6.ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト

ちょ、ちょっと!声優さんがこれ歌ってええんか!?になった。曲だけじゃなくてゲームのあらすじもバッチリ和井さん知ってて参ってしまうな(トホホ
めっちゃノリノリで、この辺から既に酔ってたのかもしれない。大好きなハイボールありえんガブガブ飲んでたし。


7.星間飛行

ランカちゅあ~ん。ここからマクロス3連続。


8.ノーザンクロス

うーんやばい。歌も凄いんだけど、間奏のダンスが圧巻で見入ってしまった。これを即興でやっているというのだから驚き。


9.ライオン

一人じゃ歌えないからと言って客席に3本くらいマイク回してきて笑った。端にいた女性の方が滅茶苦茶歌うまくて、完全に歌姫二人のデュエットという図が完成。お見事。

音楽遍歴を語っていて、
スレイヤーズテニプリ→サンホラ→電波・エロゲソング→ボカロ→雑多に色々~という感じらしい。ほお~。


10.Snow halation

ペンライトでも持っていけばよかったと少し後悔。


11.Anything Goes!

うう~ん、分からん!分からんのだけどステージの和井さんも客席の皆さんも楽しそうなもんだからこっちも楽しくなってきた。めっちゃオーズについて語るから気になってきてしまった。


12.シュガーソングとビターステップ

タイバニではなく血界戦線の曲ですよ。この辺から僕も立ち上がって少し後ろでピョンピョンクネクネ動き始めてしまう。愉快愉快。

13.ブラック★ロックシューター

ボカロ全く知らない僕でもこれは知ってた。この曲だけじゃないんだけど、歌ってる最中お客さん一人一人指差して顔を目を順番に見て歌っていてキュンキュンしてしまう。

この辺りで色んな声の演技というか少年声で話してた。元々少年の声がやりたくて声優になったらしい。声帯を絞ってどうのこうので低いクールな少年声になったり可愛らしい男の声になったりしていて聞いてて面白かった。萌え声は苦手らしい。


14.Northern Rights

「○○(何て言ったか聞いてなかった)とNorthern Lights、どっちがいい」て聞いてきたのでノーザンライツ!!と即答。ありえん神の曲を前に聖・少・女の顔つきになってしまった。

15.ロケッタ

CD音源のオフボーカルverを流して歌唱。マチアソビも誕生日イベントも弾き語りverだったので何気に初オリジナルロケッタだった。うれし~。
カラオケに今申請してるとかで、2,3週間後?には歌えるかもとのこと、やった。


元々夜8時までのイベントの予定だったが、一瞬で時間になってしまったので、お店の人に電話して1時間延長。それでもすぐに時間になってしまい更に1時間延長して最終的に10時半まで、4時間半のイベントになった。無茶苦茶で笑ってしまうし、こんな愉快なイベントは初めて。

追加で料金が発生するとのことで和井さんが「私が追加分払うから」と言っててオタクたちがイヤイヤイヤイヤと即座に止めに入るやりとりが何回かあった。

オタクは延長にノリノリだったが、和井さん自身は「都合があるかもしれないのに無理矢理残してしまって嫌な気持ちで帰ってほしくない」「皆楽しい気持ちで帰ってほしい」と最後まで悩んでた。(この台詞10回以上言ってた)
途中帰る人には出口の外まで見送りに行ってあげてて本当に優しい御方だ……と思わず涙がポロリ。

「大人になるにつれて誉められなくなる」「皆はすごい!本当に支えになってる」「そもそも大人になるのが難しい」「いつも一人でお酒飲んでるからこういう会ができて嬉しい」
みたいな話が印象的。もっと色々話していたが、ここに書くのはヤバそうなことばかりなので心の宝箱に閉まっときたいところ。


まあなんというか、本当にアットホームなイベントだった。
二人の女性スタッフさんは以前から和井さんと親交のある方たちみたいで、すごいノリがよくてお菓子とかドリンクも買い出しに言ってくださるしマジで感謝。お客さんとフレンドリーに会話しててホッコリ。
ファンの皆さんもすごい優しい方が多くて、クッキーをくれたり、撤収時間が近付いたら率先して皿回収したりテーブル拭いたりしていて、心温まる場面がいっぱいあった。

和井さんもまた本当に優しくて、帰る準備してるときに一人一人回っていって「○○さんありがとうありがとう」てバンバン叩きながら声かけてた。その後も外に出て手にぎってお見送りしてくれていて、嬉しい限りだな。トホホ。


心がポカポカしながら行きつけのネカフェで就寝。翌朝はEGOISTのライブのため青春18切符で名古屋へ旅立った。。






和井みずきさん、役者で歌えて踊れて曲作れて詩をかけて弾き語りできてMC上手でヒーローショーのお姉さんもこなして……って多才にも程があるし、ありえん実力者だなと今回改めて実感しました。
本当にもっと多くの人に知ってもらいたいし、可能な限り応援していきたいな~と思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。