じゃこびの町

住所不定無職低収入

【9】ベイブ 都会へ行く を観た【感想】

9月5日、家でベイブの二作目、ベイブ都会へ行くを観た。

面白かった。10年くらい前に録画して放置してたやつをようやく再生。

相変わらずベイブとかいう豚は見ていて腹立つな。吹き替えの声がこれまた耳をイラつかせてくれるというかなんというか……。まあでもこんな役立たずの豚野郎が持ち前の優しさと勇気で他の動物たちに徐々に認められていく様を見るのは結構気持ちいい。

なんか今見返してみるとよく動物愛護団体が上映を許したなという感想が真っ先に浮かんできた。番犬が宙吊りになって溺れかけるところとか、布切れに噛みついて車に引きずられるところとかツライツライの気持ちでいっぱいになってしまう。

まあでも全体的にポカポカした雰囲気だし、10数年経って観てもクスッとくる。こういう動物もの、特に動物が言葉を喋る、意思を持ってるような映画を見てしまうと野生の動物たちにもっと優しくしよう思うし、肉食べるの控えようという気になってしまう。一晩寝たらまたガツガツ食いはじめるが。

1もまた見返してみようかな。