じゃこびの町

住所不定無職低収入

【11】僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 二人の英雄を観た【感想】

9月26日、ヒロアカの映画をイオンシネマ各務ヶ原で観た。



劇場版ヒロアカ【ロングホープ・ムービー】『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』/8月3日(金)公開


熱かった。

最近ヒロアカの漫画を20巻まで読んでみたが、これがまた面白くてドハマりしてしまったので映画も劇場で観ることにした。
正直な話、叩かれているのを散々目にしてきてこの作品自体敬遠していたところがあったが、いざ読んでみると滅茶苦茶面白くてひっくり返った。マジでネットの酷評はあてにならんな(トホホ~


時系列的には期末試験と林間合宿の間の話で、夏休みが始まったばかりの時期にデクとオールマイトがヒーローアイテム研究の人工島「I・アイランド」に招待されたところで事件に巻き込まれて~~みたいな映画だった。

なんやかんや理由つけてA組全員?島にやって来てたのはよかったが、不人気キャラたちはヴィランと戦うことなく出番なしみたいな感じだったのはちょっと寂しい。

アニメ完全未視聴で、どのキャラも声を聞くのは初。イメージと違う声のキャラがチラホラいて拒絶反応を起こしかけたが、なんとか慣れた。
劇場版だからなのか知らないが、戦闘シーンは本当に力が入ってたように思う。冒頭の若かりし頃のオールマイトアメリカでヴィランと戦う場面とかスピード感満載で、いかにも劇場作品って感じの導入のお陰で一気にスクリーンの中に引き込まれた。流石ボンズ。全盛期、というかフレッシュなオールマイトの活躍が見れるのはヒロアカファンとしては嬉しいところ。

世界観の説明や過去のエピソードもチラつかせながら話が進行していて、新規の人でも楽しめる映画だったんじゃないかと思う。


まあ一番の魅力はやっぱり映画ラストでオールマイトとデクが、『二人のヒーロー』というタイトル通り共闘するところ。この二人が肩を並べて戦うというだけでもうなんか込み上げてくるものがあるな。トホホ。
漫画やアニメシリーズでは描かれなかった夢の共演が実現したのが嬉しい反面、もうこの師弟が一緒に戦うことは二度とないというのが分かっているので少し寂しくなった。
終盤デヴィットがデクに昔のオールマイトの姿を重ねる演出もグッド。

ラストがちょっと呆気無さすぎるというか、もうちょっと語ってくれてもいいんじゃないかな~と物足りなさも感じたが、それ以外は概ね満足。

エンディングの「ロングホープ・フィリア」も心に沁みる曲でよかった。秋田ひろむさんがヒロアカのために作ったというのも頷けるくらい作品にマッチした曲で、家に帰ってから歌詞見てはオイオイ泣くのを繰り返してる。


ロングホープ・フィリア(期間生産限定アニメ盤)

ロングホープ・フィリア(期間生産限定アニメ盤)

もう上映してる劇場ではないかもしれませんが、ヒロアカファンには是非観てほしい映画なので、円盤出たら是非観賞してほしいところです。オススメ。

最後に、ここまで読んでいただきありがとうございました。