じゃこびの町

住所不定無職低収入

DARKER THAN BLACK 漆黒の花を読んだ【感想】

f:id:jacobmacfi:20181030165136j:plain

めっちゃ面白かった。

何年か前に1巻だけ読んで「おもんなw」と序盤で放り投げてしまったが、改めて今日最後まで読んだらま~あ良かった。その節は大変失礼しました。


大人気作品DARKER THAN BLACKのTVアニメ1期『黒の契約者』と2期『流星の双子』の間を描いたのが、このコミカライズ『漆黒の花』。外伝よりも前の話なので、時系列的にいうと1期→コミカライズ→外伝→2期といった感じ。


あらすじ
1期最終話の《トーキョーエクスプロージョン》から数週間後の関東が舞台。契約者ハーヴェストが植え付けて回る人間の進化を促す""黒い花""を巡って、主人公 (ヘイ)と《組織》、公安部外事四課の思惑が複雑に絡まり合い────みたいなストーリー。

DTB初見の人に配慮してか、序盤は公安の霧原が聞いてもいないのにこの世界の説明をモノローグでベラベラと語ってくれる。各単行本の巻末のオマケでは、設定・用語解説をキャラクターたちが懇切丁寧にしてくれるので、前作知らないよ~という方もなんとか付いていけるのではなかろうか。

1期で出てきたのに2期で出番がなかったキャラがどうなったかが描かれているのもグッド。こいつはこういう理由でこんな風に退場したのねと説明してもらえるのはシリーズファンとしては嬉しいところ。


新登場のキャラが皆いい
コミカライズ版で初登場のキャラがそこそこ出てくるわけだが、どいつもこいつも良いキャラしてる。

DTBと言えば中二能力バトルが醍醐味みたいなところがあるが、今回もカッチョいい契約者たちがモリモリと出現。

f:id:jacobmacfi:20181030182053j:plain
物語中盤、""黒い花""の力によって生身の人間の特殊部隊員たちにも能力が付与されることになるんだが、これまた痺れる。今まで契約者はラフすぎる格好で戦うシーンばかりだったので(1期とか特に)、今回のようにゴテゴテのミリタリー装備に身を包んだ連中が武器と能力を駆使して戦うという絵面はDTBでは新鮮に感じた。

方陣営のキャラなんかは過去エピソードみたいなのも結構ガッツリとやってて、愛着が湧いてくる。やっぱキャラの掘り下げがないと感情移入できないし、物語に入り込めないからその辺って大事だよなと思う。

f:id:jacobmacfi:20181030181357j:plain
このコミカライズのヒロイン月森梓ちゃん。かわいい。太ももえっちだなぁ……と思いながらずっと読んでたら作中でも「無駄に太くてエロイ足しやがって」と詰られてるもんだからワロタ。
酷い目にばっか遭ってるから幸せになってほしい。トホホ。


展開が無駄に熱い
DTBというと暗くて淡白な話のイメージがあるが、今作はアツい場面がいっぱいあった。アニメでアツいシーンがなかったという訳ではないけど。

なんでかなと思ったら、誰かのために命を懸けて戦うキャラが多すぎ問題だということに気づいた。
まあベッタベタな展開なんだろうけども、感動を演出する上ではやっぱり王道なやり方だと思うし、上で少し触れたように過去回想を交えてキャラクターが戦うから感情移入できて読み手も燃えれるからアリなんだろうな。

どんだけありがちな展開でも、魅せ方とそこに至る過程次第でいくらでも心を動かされてしまうってわけ。お分かり?(ジャック・スパロウ)



絵が軽くてポップ?なタッチで、キャラクターが幼い感じがするからDTBっぽくないな~とか自分はちょっと敬遠してたんですが、全巻読んでみたらそんなことは全くありませんでした。アニメと変わらずキャラがガンガン死んでくれて程よく重い話になってます。


シリーズファンは必見だし、そうじゃない方にも是非読んでほしい一作。