じゃこびの町

住所不定無職低収入

和井みずきさんの「ダイキライ」リリースイベントにいってきた

11月18日、目黒のカラオケラウンジKahooで行われた和井みずきさんの2ndシングル「ダイキライ」のリリースイベントの1回目と2回目に行ってきました。

jacobmacfi.hatenablog.com

jacobmacfi.hatenablog.com


楽しかった。

前日に夜行バスで出発し早朝東京に着。特にやることもなかったので10時前には目黒に来て、会場の目黒kahooへ。今日でこの会場に行くのは2回目ですが、相変わらず分かりにくい。

入場即物販に行き、とりあえずブロマイド以外を1部で買って、2部ではブロマイドだけ購入。

MCはお誕生日会に引き続き松田裕市さん。
「『せーの』って言ったら『和井ちゃ~ん!!』て呼んでください」という恒例?の呼び込みをして、和井みずきさん登場。

アクロスフェスタで髪切った和井さんは既に見ましたけど、今日のショートパンツにはショートカットが特に映えますなぁと思った。
1回目の方ではかなりテンション高めで、2回目の方は前の回の姿を反省しおしとやか(おしとやかではない)感じでトークが進行。


質問コーナー
事前にファンの皆から募集した質問の中からいくつかを和井さんが答えて行くコーナー。記憶が定かではないので色々抜けまくってると思います。ので先に謝っときます。(いっそガリガリメモでもとりたいけど人前では恥ずかしくてできない)

松田「和井ちゃん髪を切って凄い可愛くなって~~(めちゃべた褒めする文)~~髪を切った理由を教えてください……これ和井さんが自分で送ったんじゃないですか?」
和井「違ーう!w髪を切った理由……ノリと勢い(笑)昔はロングで一昨年(?)にセミロングにしてたんですけど、なんか切りたい気分になったのでその日に美容師さんに聞いたら空いてたんでばっさり切った」
和井「こんなに短くなったの○学生以来で……お父さんがTwitterで髪切ったの見てLINEしてきた(笑)」


松田「和井さんは甘党か辛党か」
和井「どっちも好き(笑)」

松田「(楽曲制作に関する質問)(忘れた)」
和井「曲を作るときはツライ…シンドイ…もうダメだ~もう無理だ~っていつも落ち込んでて…」
松田「皆さん、イイ曲が出る度に和井さんなんか落ち込んでたんだな~って思ってください」
和井「ちょっと(笑)辛かったり苦しかったりした時には、キーボードや詩にぶつけて吐き出してます」
和井「世の中に不平も不満もない人はそもそも芸術とか教養とか必要ないんですよ!………私今賢そうなこと言ってない?!」

松田「みずきちゃんの透き通るような声はどうやって~……これも自分で送ったんですか?」
和井「違う(笑)」
和井「(喉を開けてどうとかみたいな事を言ってたけど忘れた)」
和井「『ダイキライ』とか"D"aikirai "D"aikirai "D"aikiraiってDで始まるんですよね。その後も"D"oshite "D"oshiteって続いてて………""D""っていうのは子音なんですけど""強い""子音だから感情が乗せやすいんです」


松田「『最近アルバイトで大勢のちっちゃい子の相手をさせられて参っているのですが、和井さんがヒーローショーのお姉さんをしていた頃に何か心がけていたことがあったら教えてください😭』…だそうです」
和井「なんのバイト?w一人一人に語りかける感じで、目を見てあげると皆話を聞いてくれると思う。あとタメな感じで話す。子ども扱いされてると拗ねちゃったりするから友達感覚がいい」

……ぼくが送った奴ですねこれ😭めっちゃタメになりそうな話を聞けたので、早速今度バイト入るときに実践したいところ。

松田「作ってみたいグッズはありますか。ロケッタをイメージしたパーカーとか良いと思います」
和井「提案までしてくれるんだ(笑)ポエム集出してほしいって声を聞いたりするんだけど…皆そんなにほしい?」
無限に頷いて首がもげそうになる。アンケートにもちゃんとこれ書いとけばよかった(トホホ

松田「ダイキライはどうやってできあがったか」
和井「(凄い良い話をしてくださった気がするけど記憶喪失で覚えてない)(辛)」
和井「渡してハイって終わりじゃなくて、曲を自分の中で解釈して、自分のものにして持ち帰ってもらえたら嬉しい」
和井「踏み切りは境界線」

松田「次のイベントを予約したいんですけど、いつからできますか」
和井「前のめりな人ですね(笑)」
そのままの流れで「和井みずきお楽しみ会」第二弾が12月8日に行われることが告知。
ぐえええ~~~~と泡吹いて倒れそうになってしまった。Machicoさんのツアー千秋楽の広島公演と被っとるやんけ!…腕を失うか足を失うかレベルの苦渋の選択ですが、流石に今回はMachicoさんを優先させていただきます。つら。神は何故体を一つしかお与えにならなかったのか……トホホ。

行かれる方は楽しんできてください。行くか迷ってる方、滅茶苦茶楽しいので行きましょう。

1回目の最後には「今この場で質問ある方いませんか~?」となったけど、誰も手を上げなかったのでダイキライの歌唱へ。


ダイキライ
「この世界は基本的に不条理で不平等なんだけど、それでも……」という何度か聞いたことのある曲の世界観の説明を歌う前にしてくれた。

弾き語りの印象が強過ぎたので、今回のCDのダイキライに面食らってしまったじゃこび。結構他にも驚いた方いたみたいですけど、和井さんの中では"根っこ"の部分はどちらも同じだからそこまで変化は感じないとのこと。なるほど。

歌ってる姿が迫力ありすぎて終始あわあわ。すごいクールというかダークな雰囲気で引きずり込まれてしまいましたな…になってた。

ダイキライの歌唱後は弾き語りのミニコーナーへ。

ボロボロの弾き語りノートを3冊ほど持ってきてくれてて、歌詞の上にコードが書いてあったのが見えた。
曲を作るときは、先に詩を書くことが多いという和井さん。「ありがとう」やダイキライの最初の歌詞「花には水を 人には愛と優しさだよ」なんかを例に出して、言葉にはそれぞれが持つ音程があってその音程を徐々に広げていって曲を作ったりもする……と言っていました。はえ~。
あとEmのコードを多用してしまうとかなんとか。


ドーナツホール(11:00の回のリリイベのみ)
ハチさん(米津玄師)さんの曲のカバーでワンコーラスだけ披露。ボカロは専攻してないので初見でしたがいい曲ですね。
弾き語りし出して初めて弾けるようになった曲らしい。ふんふん話を聞いてたら、「でも一番最初に挑戦したのは『ザナルカンドにて』だった、弾けないけど」と言い出して、椅子から転げ落ちそうになった。和井みずきさんの『ザナルカンドにて』、いつか聴きたいもの。


ハチ MV「ドーナツホール」HACHI / DONUT HOLE


最近作ろうと練習してる曲があるらしいけど、コードが難しくて「にゃーにゃー」なってるらしい。一度集中したら7時間くらいキーボードに向かい合うこともあるとのことでひっくり返った。1時間机に向き合うのもままならない人間なので、素直にすごすぎワロタになったんですけど、意外と客席が驚いてなくてビビる。もしかして皆普通にできるもんなのか。


六等星の夜(14:00の回のリリイベのみ)
お誕生日会に引き続きAimerさんのこの曲をフルでカバー。No.6のオタクとしては嬉しい選曲。滅茶苦茶原曲に寄せて歌ってる感じがしてあっぱれだと思う。
前回も披露したものの、リクエストされるまで「六等星の夜」を知らなかったらしい。歌詞がすごい気に入ってて好きだとか。じゃこびも。

ここで昼と夜どっちが好きかという話になって、朝・昼の方に手を上げたら周り少なすぎてビビった。和井さんファン闇を好みすぎ問題。


今思えばこのツイートは伏線だったんだなぁ(トホホ


カウントダウン
「これはなんでもない、あの」にこだわりがあるというのは前回も聞いていたが、これ宮沢賢治から来ているんですね。驚き。
「なんでもないのに、わざわざ口にする。しかも"あの"ってつけて」と言ってて(そのあと何言ってたかは忘れた)、ウンウン頷いた。
和井さんの持ち曲中ではこれが一番好き。CDになるのを心待ちにしております。


ここで物販紹介。
f:id:jacobmacfi:20181119011639j:plain
フォトブック「其の先、」。"、"が大事らしい。
特定できるもの消したと思ったけど消し忘れてたとか言うんで探してみたら、見つかった。しかも調べたらまだこっち住んでた頃の家の近くっぽくてめちゃめちゃ笑ってる。

f:id:jacobmacfi:20181119012113j:plain
ブロマイド

f:id:jacobmacfi:20181119012148j:plain
キーホルダーひとひらのしずく」
新宿行って渋谷行って池袋行って……て色々飛び回って自作したらしい。

f:id:jacobmacfi:20181119012413j:plain
ダイキライのCD 
花占いをイメージしたらしい。「好き、嫌い、大嫌い、好き……」みたいな感じでしょうか。ネガティヴな気持ちが涙となって零れて「ひとひらのしずく」になったっぽい。

「あんまり説明しすぎるのはよくないから言わない方がいいかもなんだけど……」みたいなことを和井さんがおっしゃってて、余白って大事だよなとなった。解釈の余地を残すことによって、ファンの皆が自分の中で自分だけのストーリーをそれぞれ作ることを望んでるような気がする。
僕もこうやってイベントの内容をブログとして長々と文字に書き起こしてますけど、これも思い出を形あるものに限定してしまって広がりを閉ざしちゃってるんだよな。消すか。


全ての商品を紹介し終わったあとにお土産があるということで、謎のプリッツを持ってくる和井さん。
何やら中国地方で売ってる「牡蠣醤油仕立て」のプリッツらしい。なんでこれを持ってきたかというと「和ごころ」と箱に書いてあったので「井」を書き足して「和井ごころ」にしたかったからだとか。

じゃん拳で勝った人各会1名にプレゼントということらしく……
f:id:jacobmacfi:20181119014624p:plain
最後まで勝ち残ってしまった。嬉しい~。渡してくれるときに和井さんが盛大に落としてたけど、そんなの気にもならずにデュフデュフ言いながらプリッツ受け取りました。
また家宝が増えてしまったし、急いで蔵にしまって保存しないとだな……。


ロケッタ
最後はこの曲。二番入る前客席に向かって「静まれ」のジェスチャーをしてピタッと手拍子が止まるとこ好き。
ポピュラーソングで前に進みたくなる曲。ススメロケット~🚀

歌唱後は写真撮影して和井さん一旦はけ。すぐ戻ってきてグッズのお渡し会して撤収。


いや~楽しかった。ロケッタリリースのときはまだ応援してなかったので、和井みずきさんのリリイベは今回が初。素敵な楽曲や初めての話もたくさん聞けてよかったです。
お楽しみ会行けないのでもう年内行ける和井さんイベントはありませんので、来年からまた細々と応援できたらなと思います。


いつも言ってますが、和井みずきさんはマジでポテンシャルの塊です。一度イベント行ってみませんか。マジで楽しいので。




最後に
ここまで読んでいただきありがとうございました。