じゃこびの町

住所不定無職低収入

【オタク】2018年のナショナルアンセム10選【楽曲】

2018年。今年も「何かあったかと言われると何もなかった」一年間でした。虚無ですよ虚無。


というのはまあ流石に言い過ぎました、オタク特有の誇張表現です。今年はなんか色々と出かけたりブログそこそこ頻繁に書くようになったり、思い返せばそれなりに何かあった一年だったような気がします。気がするだけかもしれませんが。

12月もあと数時間で終わるのでなんか一年を振り返るやつやりてえなぁ~と思ってたところ、周りのオタクさんたちが""2018年の楽曲10選""みたいなブログを乱発していたので、僕も真似したくなってしまいこの記事を書いたという次第です。


とりあえず
・2018年に世に出た楽曲
・1アーティスト1曲
・作詞作曲家の被りなし

の条件のもと、特に刺さった10曲のオタク関連の楽曲を選んでみました。オタク関連ってなんだ。


よかったら見ていってください。

Keep the Heat and Fire Yourself Up/Fear, and Loathing in Las Vegas

作詞・作曲・編曲 : Fear, and Loathing in Las Vegas


Fear, and Loathing in Las Vegas - Keep the Heat and Fire Yourself Up

"Time to move now"

TVアニメ覇穹 封神演義オープニングテーマ。
典型的な「アニメのOP尺が終わった途端暴れ散らかすやつ」で笑ってしまった。前半部分も好きですが、1:50くらいのデスボから始まる急過ぎる曲展開みたいなのがやっぱりベガスの醍醐味なんだよな~と思います。

唐突な変調に最初は戸惑いますが、聴き終わってみると一つの曲として纏まってる気がしてくるので不思議。

SoのクリーンボイスとMinamiのスクリームから成る特徴的なツインボーカル。タイアップ作品をリスペクトした中華テイストなメロディ。1曲で何曲分も楽しめるかのような転調に次ぐ転調。病みつきになるサビ前の軽快なスネア。なんかよく分からん効果音の数々。
数え切れない好(ハオ)の要素が聴き込むほどに湧いて出ますが、それだけ色々詰め込んでも"Keep the Heat and Fire Yourself Up"という一つの楽曲として完成してるのが本当にすごい。

あっぱれ。


ハルカトオク / saya

作詞・作曲・編曲:藤澤慶昌

ハルカトオク

ハルカトオク


"世界の最果てで 転がっていく太陽"

TVアニメ宇宙よりも遠い場所挿入歌。
一曲目とは打って変わって大分シンプルなつくりの楽曲ですが、それ故に綺麗な歌声が際立っていて、音楽に紡がれた言葉がすんなり頭に入って気持ちいい。あとイントロが神。

この曲を歌っているsayaさん、どこか幼いながらも力強い歌声をしていらして、初めて聴いたとき『宇宙よりも遠い場所』にピッタリだな~と秒で思いました。

散々語り尽くされているかと思いますが、よりもいは挿入歌をかけるタイミングがマジで神懸かっていてヤバい。あっぱれ。"ハルカトオク"も涙腺を誘うドンピシャな場面で毎回流れるもんだから、「う……ふぐぅ…うう……!!」と毎度キモい呻き声をあげるはめになってしまい参りました(トホホ

「映像作品における音楽の重要性」というか、音楽の力みたいなものを、この曲を聞いて改めて実感した2018年でした。



スネ夫真言を唱えているときに流れている曲

制作: 鼻そうめんP



スネ夫が真言を唱えている時に流れている曲(フル)

"SUNEO"

ドラえもん』でお馴染みの"スネ夫が自慢話をしている時に流れている曲"を、ゴリっゴリのゴアトランスにアレンジした楽曲。再生即原型を留めてない荘厳な音楽が飛び出してきてワロタ。

この楽曲を作った鼻そうめんP、無知なのでEDMのスネ夫の曲とか作ってた方かな~くらいの認識でしたが、どうやらプロイラストレーター「かんざきひろ」、プロアニメーター「織田広之」、プロミュージシャン「Hiroyuki ODA」と同一人物らしくて椅子から転げ落ちてしまいました。
俺妹の原画とかBONESで作画担当してた方がこんなすげー楽曲作ってるってやばないですか?天は二物を与えすぎ。

7分に及ぶ大分長めの楽曲な上に、"あのメロディ"来るか!?→来ませんでしたの連続で焦らされるから中々に忍耐力が必要になってくるのがこの曲。ただ、聴いている内にそのもどかしさすら心地よくなってくるのが面白いところでもあると思います。


涅槃(ニルヴァーナ)に至るために必聴の一曲。




少女たちのメロディ/アンシア・カレンバーグ[CV.瀬戸麻沙美]

作詞:大森祥子 作曲:奥井康介 編曲:eba



【予告編】映画「アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル」[UNDER THE DOG Jumbled]

"ただの命が なんて難しい"

劇場アニメ『UNDER THE DOG/Jumbled』主題歌。
戦場で生きることを宿命づけられた少女たちの嘆きを歌うロックバラード。99999999999…点(エンドレスナイン)。

映画館の音響で聴く"少女たちのメロディ"がマジで極上のもの過ぎて、これ聴くために10回近く劇場に足を運んでしまった今年の夏。勿論映画本編も素晴らしく、作品で感じた儚さや重厚感みたいなものが上手く曲にも現れていて、余韻に浸るどころか溺れそうにさえなりました。ツライツライだ。

ピアノと電子音の組み合わせが本当に絶妙で、瀬戸さんの伸びのある高音と共に心の臓まで響くもんだからまあ敵いません。というか瀬戸麻沙美さんってこんな歌上手いんですね。知らなかった。

イントロの電子音なんかに似てんな~とずっと思ってたんですけど、『Shelter』だということに最近気づいてスッキリしました。……似てますよね?


青春なんていらないわ/三月のパンタシア

作詞・作曲・編曲:n-buna

youtu.be


"辛いことなんてないけど わけもわからずに叫びたかった"

“音楽× 小説×イラスト”を連動させた三月のパンタシアの新企画『ガールズブルー』の第一弾楽曲。
EGO札幌でオタクさんにプッシュされたので三パシさんの歌をいくつか聴いて見たんですけど、ま~あバケモン。青春時代の"憂い"や"寂寥"みたいなものを歌った曲が多いんですが、これがもうどストライク。

この『青春なんていらないわ』も例に漏れず、爽やかなナンバーながらも胸がキュッと締め付けられるような切なさを感じさせる曲になっています。

現状の自分に焦燥感を覚えながらも、今はまだこのままでいたい。大人でもないけど、もう子どもでもない。
そんなJKの心の"揺らぎ"が、ボーカルみあさんの良い意味で軽くて透明な歌声に乗せられて耳に届けられるんですが、これがエモくないわけがない。完全に""お気持ち""になってしまうというわけです。


これYouTubeにアップされたのが8月30日なんですけど、夏をあと一日残した日付にこの曲を世に送り出すセンス、あっぱれじゃないですか?ぼくはあっぱれだと思います。


VORACITY/MYTH & ROID

作詞・作曲:MYTH & ROID

youtu.be


"群小な者達よ 跡形もなく潰され消えゆけ"

TVアニメオーバーロードⅢ』オープニングテーマ。
いつもエンディングを担当してバラード歌ってる印象が強かったMYTH & ROIDがOP歌うと聞いたときは若干心配になりましたが、蓋を開けてみれば歴代最高のオバロ楽曲が出てきてひっくり返ってしまいました。

新ボーカルのKIHOWさん、こんな激しい曲歌えるんだなというのがまず驚き。脱帽。
この曲自体がテンポやトーンの切り替えが凄まじくて、素人目に見てもめっちゃ難しそうな楽曲な感じですが、見事に歌い上げていてあっぱれ。

アニメのオープニングに求められる疾走感を出しながらも、作品やMYTH & ROIDが持つ重苦しい雰囲気や狂気みたいなものが全面に押し出されているのも非常にグッド。

分かり易いほどに緩急のついた楽曲になっていて、テンポの速いところはステップ刻みたくなるような高揚感がありますし、バラード調なところは思わず黙り込んでしまうような圧力があると思います。

あとMVとCDのジャケットが不気味過ぎ。いい味出してるんだけどなんか見てると不安になってきます。おえっ。


nightcore - Ievan Polkka(VSNS Remix)

制作:Syrex


Nightcore - Ievan Polkka (VSNS Remix)


太古にYouTubeやニコ動で謎に流行っていたフィンランド民謡"Ievan Polkka"のボーカロイドカバーをnightcoreアレンジした楽曲。

今年の夏はnightcore熱が再燃したので色々と最近の曲を聴き漁っていたのですが、こいつだけ再生回数がぶっちぎりで一千万の壁を超えていたので気になって聴いてみたところ、ま~あ。音圧半端なくて普通に絶命。

マジで脳髄震わす楽曲なんで、重低音とかのドゥンドゥンした音が好きな人はヘッドホン付けて聴いてみてください。秒でアガれるので。

こういう風に100年近くも前の楽曲がアレンジを繰り返して未だに多くの人に聴き継がれているの、歴史を感じていいなあと思います。


スターティングブルー/halca

作詞:宮嶋淳子 作曲:哥丸雄貴

youtu.be



"勝てる確率=1% まだはやいよ ゼロになるまで このストーリーくつがえせる"

TVアニメ逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season2』エンディングテーマ。

halcaさんの2nd single「スターティングブルー」。通称、一目惚れ。

先月京Premium LIVEで初めてこの曲に出会ったのですが、一瞬で恋に落ちてしまいました。ライブ補正かかってるだけじゃないかと心配になり家でもう一回聴いてみたんですが、僕の気持ちはやはり変わりませんでした。この恋は本物の様です。

ぶっちゃけ何でこんな""好き""の気持ちが溢れてるのか自分でもよく分かりませんが、脳内ヘビロテが今でも止まりません。
とりあえずこの曲のキャッチーなメロディと前向きな歌詞は万人受けしそうだなという感じはします。

あと以前も書きましたが、サビの"Try Try Try"でhalcaさんと一緒に腕振るのが楽しい。そのうちライブで腕もげそう。

来年には初のワンマンライブもするみたいなので皆さん行きましょう。



Star overhead/the pillows

作詞・作曲 :山中さわお 編曲 : the pillows


the pillows「Star overhead」「Spiky Seeds」×劇場版「フリクリ オルタナ/プログレ」アニメMV


"写真には残せない場面 僕ら生きている"

劇場アニメフリクリ オルタナ主題歌。
完全にミーハーなので今年になって初めてフリクリもpillowsも知りました。トホホ。

少年少女の甘酸っぱい青春を歌う作品に見事にハマった一曲。ベースラインがエモーショナルなお気持ちになってうんたらかんたら。

ここまで来るともう察する方もいるかもしれませんが、青春というワードに滅法弱いんですよね、僕は。
青春なんてもん思い出の中で無限に美化されていってるだけで実際は大したことなかっただろと頭では思ってるんですが、どうしてももう戻れないあの頃に思いを馳せてしまう……これ、オタクの辛いとこね。


青春、してぇ~‼️(クソデカ大声)



太陽キッス/放課後クライマックスガールズ(小宮果穂[CV.河野ひより]、園田千代子[CV.白石晴香]、西城樹里[CV.永井真里子]、杜野凛世[CV.丸岡和佳奈]、有栖川夏葉[CV.涼本あきほ])

作詞:古屋 真 作曲・編曲:no_my



【試聴動画】THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 04 夢咲きAfter school


"教室に吹いた とびきりの南風が 教科書閉じた"

ゲームアイドルマスターシャイニーカラーズ』の楽曲。
最近シャニマスにはまってて狂ったように今プレイしてるところなんですが、オーディションで流れるこの曲が気に入っちゃいまして。先日CD買ってフルで聴いてみたんですけど、一瞬で四肢が吹き飛んで笑っちゃいました。楽しすぎ。

AメロBメロCメロサビギターソロ。どこを切り取ってもまあ楽しい。楽しすぎて頭おかしくなりますよマジで。絶対ライブでコールしたら死ぬほど楽しい曲だろうなっていうのが歌詞カード見ただけで分かっちゃうのがまあズルい。

パート分けもよくできて、キャラクターの歌唱箇所がゲーム内のコミュなんかと上手くリンクしているのも憎いです。
あと樹里ちゃんのやけくそラップ好き。

聴いてるだけで外に飛び出したくなるような明るい歌詞、曲調で本当に眩しい。

まごうことなき天下無双の楽曲。

あっぱれ。





とりあえず以上で10曲になります。


書いてたら普通に年明けちゃって笑いました。あと米津玄師さんの素の声が低すぎたのも笑った。

新年あけましておめでとうございます。

書いてみてて思いましたけど、音楽の知識マジでねえな~というのを改めて痛感してしまいました。表現被りまくりで申し訳がないです。

今年はもっと語彙力をつけてブログを書いていきたい。そしてゆくゆくはアドセンス収入で神になりたい。


どうか今年もよろしくお願いいたします。



最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。