じゃこびの町

住所不定無職低収入

【感想】『虐殺器官』を観た【20】

1月 13日、虐殺器官を観ました。三本ぶっ続けに見たやつの最後。

 

 

面白かったです。

 

原作と漫画を何年か前に読んだんですが、普通にほとんど忘れていて、まあまあまっさらな状態で楽しめたような気はします。

 

伊藤計劃のアニメ映画化3作品、どれも小難しいセリフというかキャラがしゃべる量が多くて映像化したとき退屈しそうとかなんとか思ってましたが、アクションシーンがかなり力入ってて、静と動というか、その辺上手くバランスとれてるな~と思いました。

朝6時の死んだ頭でもイントルード・ポッドで降下からの突入シーンは興奮して目が覚める醒める。

 

目が覚めたといえば、予想以上にグロテスクな部分をそのまま描いていてビクッとしてしまう場面が多々あったのも印象的。頭がバンバン吹き飛ぶ。流石R15。

 

原作との相違とか全然覚えてないんですが、その辺どうだったんでしょうか。ハーモニーはラストの改変でめちゃめちゃ叩かれていた印象がありますが。

 

マングローブが解散したときは公開どうなんのかと思いましたが、無事上映される運びとなったのはよかったです。よかったんですが、やっぱり当初の順番通りに虐殺器官→ハーモニーの順番で上映すべきだったよなと。まあ僕は虐殺器官は映画館ですら観ていないんですが。

 


「虐殺器官」予告映像

 

 ジョン・ポールのCVが櫻井孝宏と聞いたときはそれもうただの槙島聖護になっちゃうじゃん!と思ってましたが、いざ見たらマジで槙島聖護で笑ってしまいました。

 

PSYCHO-PASS虐殺器官から結構影響受けて作られたみたいな話をなんかのインタビューで語ってましたが、槙島聖護もジョン・ポールから着想を得てできたキャラだったりするんでしょうか。

 

あとこれ見てからベートーベンピアノソナタ 月光第3楽章第14番を死ぬほど聞いた。

 

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 原作ファンに勧めるべきかどうかはちょっと分かりませんが、映画として、映像として面白いので見て損はないと思います。

 

とりあえず実家帰ったら原作読み返したいところ。

 

 

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございます。