じゃこびの町

住所不定無職低収入

【感想】『マイル22』を観てきた(ネタバレ注意)【22】

1月26日、ユナイテッドシネマ枚方マイル22を観てきました。

f:id:jacobmacfi:20190127072917j:plain

普通に面白かったです。

ママチャリで三時間走行してゲロ吐きそうになりながら映画館に着いたんですが、お目当ての『ダーウィンが来た!』と『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』までかなり時間があったので、時間潰そうと観てみた次第。

丁度いい上映時間と面白そうなタイトルという理由だけで選んでしまったので、予告も観てないし誰が出るかも分かんなかったんですが、ぼく好みの映画だったんでよかったです。


あらすじ
ノンオフィシャルの米国特殊部隊を率いる主人公ジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)。彼らは東南アジアで奪われたセシウム数kgを探していたが、その行方は現地警察官リー・ノア(イコ・ウワイス)しか知る人間がいなかった。情報と引き換えにアメリカへの亡命を要求する彼の取引を呑んだシルバたちは、大使館から22マイル離れた滑走路までの護送任務を開始するが──────。

youtu.be



テンポよく話が進んで退屈しませんでした。
実際にはそこまでテンポいいストーリーではないんでしょうけど、マーク・ウォールバーグ演じるシルバの息もつかせない超毒舌マシンガントークがなんか話を勢いづかせてるなという気がしました。この映画の魅力の8割はこいつだと思ってます。


話の本筋である22マイルの護送任務が始まるまでがまあかなり長いんですが、銃撃戦あれ以上やられても退屈してたと気がするんでこの辺のペース配分はグッドだったのでは。
というかド派手なアクション以上に登場人物たちの会話劇とか裏方でパソコンカタカタしてるオペレーターの活躍とかの方が目立ってて、そっちの方をメインに見せたかったのかなとも思いました。イコ・ウワイスの格闘シーンは神でしたが。

モニター上でメンバーのヴァイタルチェックをしながら衛星、監視カメラで周辺を偵察、ルートの提示、交通システムのコントロールプレデターでの航空支援とかいかにも""現代の戦争""という感じで作戦が進んでいく『マイル22』。劇中でも「様相を変化する戦場」「戦場は戦地ではなくなった」みたいなことを語っていました。
厳格そうなロシア側の司令室?と対照的にゲラゲラ笑いながらTVゲーム間隔でPCごしに戦場を操作するアメリカサイドを見てると今の米軍を風刺してるのかなという気もします。今の米軍とか知らんけど。

こういう後方で監視してるスタッフたちがリアルタイムで現場の隊員たちをサポートする図はなんか24っぽいなと思いました。CTUっぽい。


東南アジアでの一連の事件と、その当時を振り返るシルバの語りとを切り替えながら話が進んでいくんですが、このシルバの話ぶりで任務失敗するんだろうな~というのが序盤から伺えましたがやっぱりそうでした。というかこういう「後に主人公は語る」系の映画で作戦が上手くいった展開をあまり観たことがない。

あまり観たことがないというので思い出しましたが、結局アメリカが敗北するという結末の映画も久しぶりだった気がします。まあシルバを消せなかったのでロシアの勝ちとも言いがたいですが。
これ観てて思ったんですけど、リー・ノアは滑走路着いた時点でシルバ殺って逃走すればよくないかと。大将の息子の仇討ちのためにロシアが動いてるんだから、まず消すべきはジェームズ・シルバじゃないんかと。あんな離陸してすぐに飛行機のっとらずに地上でシルバも米軍も始末しとけば良かったのではないのかとなんかモヤモヤしました。
オーバーウォッチ」を出動させるだけが目的で、そこまではこいつの任務ではなかったのかな。


終盤になってようやくビショップとかが「リー・ノアは三重スパイ(トリプルクロス)だったのか!!!?」と気づくんですけど、これもなんか今さらかよとツッコミたくなりました。というかノアはロシアからも逃げたがってるからアメリカへの亡命を望んで米もそれを理解、承諾してるのか思ってたら全然違った。シルバたちは東南アジアから逃げたがってる程度にしか思わなかったんですね。

映画鑑賞してるぼくらは序盤からロシアが出てるのでこいつはロシアとも繋がってるスパイなんだ~という認識を持って話が進んでいきますが、登場人物たちはそんなの見てないんだからまあ知るはずもありません。仕方ないことです。仕方ないことなんですが、こういう客席とスクリーンの向こうの間での認識のズレ、反応のズレが起きてしまうとなんか一瞬で冷静になってしまうのでトホホ~という感じです、まあ時と場合によりますが(トホホ




まだ続きがありそうな終わり、というか最初から続編ありきで作ってたんですかね。続編のタイトルは『マイル23』とかになるんでしょうか。

とりあえず次回作もあるなら観てみたいです。





最後に
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。