じゃこびの町

住所不定無職低収入

『十二人の死にたい子どもたち』を読んだ

冲方丁先生の『十二人の死にたい子どもたち』を読みました。

f:id:jacobmacfi:20191007173607j:plain

面白かったです。

映画を観てから読もう読もうとずっと思いながら放置したままでしたが、ようやく読むことができました。

本を読という行為事態が久々過ぎて大分時間がかかりましたが、既に映画を見ているだけあって、内容はスムーズに頭に入ってきた感じがします。そりゃそうだ。

あらすじ
廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「安楽死」をすること。決を取り、全員一致で、それは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには"十三人目"の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるのか?「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねていく。互いの思いの交錯する中で出された結論とは。


「十二人」とタイトルに付くだけあって、ある議題について十二人で議論を繰り広げ、全員の一致を以て実行に移されるという原則、最初は一人だけの"NO"が話し合いが進む中で次第に増えていく流れといった""十二人もの""お決まりの展開は本作も踏襲。

十三人目、「ゼロ番」は自殺なのか他殺なのか、このまま集団安楽死を実行するべきか否か激論が交わされるんですが、十二人という少なくない登場人物全員の視点で順番に話が語られていくのが面白い。

2番のケンイチから始まり、1番のサトシの視点で物語は締め括られていて、この一連の流れがまあ綺麗です。映画観てたときは常人外れの思考力を持った推理好きの5番シンジロウが主人公かと思ってましたが、小説を読んでその認識を改めました。
場をコントロールして議論を進めていくのは確かにシンジロウですが、他の十一人がそんな彼やその周囲を見て何を思うのかが一人当たり数十ページにも渡って語られていて、十二人全員が主人公なんだな~という印象を本作は受けます。

真相を知っている人物の視点になると、上手い具合にミスリードして犯人(という程悪いことをしている訳でもない)だと思わせない書き方をしているのがよく分かって、結末を知ってる分こういった読み方ができたのも楽しかったです。

あとメイコが映画の100倍ウザかった。余りにも醜い。

最後の決を取るくだりはめちゃ感動的な演出だったんですが、小説はその辺淡白だなと感じました。




500ページと結構長い小説ですが、さっき言った視点の切り替えも含め読みやすいように構成がよくできてるんで、万人がスラスラ読める小説なんじゃないかと思います。
僕は展開知っていながら半年近く読み終わるのに時間かけちゃいましたが(トホホ


『十二人の死にたい子どもたち』、面白いんで皆さんも是非読んでみてください。