じゃこびの町

住所不定無職低収入

Machico&木戸衣吹トークショーin 白鷺祭~まちいぶが中百舌鳥にやってくる!~に行ってきた

11月4日、大阪府立大学で行われたMachicoさんと木戸衣吹さんのトークショーに行ってきました。

f:id:jacobmacfi:20191103184757j:plain

楽しかったです。

久々に最前ドセン自引きできて思わずキモオタスマイルを浮かべてしまいました。

どう考えても声優学祭イベのキャパじゃないだろというクソデカホールが今回の会場。6割7割くらい空席になってましたがまあ流石にしょうがないかなぁといった感じです。

f:id:jacobmacfi:20191103205918j:plain

客の呼び込みと同時にMachicoさんと木戸衣吹さんが登場。緑髪で黄色のパーカー、ピンクのシューズと完全にワオ好みの服装でニッコリ。

椅子に座ったところでトークショースタート。


Machico「私たちのこと知らない人~?誰もいない!?」

木戸「お金払わないと入れないからね(笑)」

スクリーンに学生証風の自己紹介が出現。

Machico「PUBG皆知っとるよね!?サバイバルゲーム!!」

木戸「サバイバルゲームやってるんだ!?」

Machico「めっちゃ弱いけど(笑)接近戦になるとすぐ死んじゃう」

木戸「特技のハンドカエルって何?」

Machico「みとってよ~?」

両の手で瞬時にカエルを作るMachicoさん。

木戸「それ誰でもできることない?」

Machico「スピードが大事なんよ!!」

あと二人が今欲しいのは冷蔵庫だとかなんとか言ってた。




木戸「最近はGRWN見ながら支度するのにハマってる」

木戸「特技は存在感を消すこと。オフの時声かけてもらっても多分誰か分からない」

Machico「常に気合い入れんといかんよ!」



Machico「いぶいぶはずっと少女のまま」

木戸「ゆきよさんが会う度に『木戸ちゃん何歳になったの~?21歳?お酒飲めるね~』て言ってくる」


Machicoホリプロ声優が一時期から皆髪染め出すようになって」

木戸「あれ私が高校卒業したときにマネージャーさんに染めていいですか?って聞いて染めたのがきっかけ」

木戸「あやかちゃんがそれ見て『あ"た"し"も"染"め"て"い""い"で"す"か"~?』てなって」

Machico「アタシも昨日また染めたんやけどニホントカゲみたいになっちゃった」

f:id:jacobmacfi:20191107180306j:plain

www.instagram.com



木戸「Machicoちゃんは新幹線で寝てるときよだれすごかったから直した方がいい」

Machico「マスクの中だばだばだった(笑)」


Machico「私たちの大阪の思い出と言えばアニソンイチバン」

木戸「あの伝説のイベントね」

Machico「あのときは衣装も髪も全部セルフだった」

木戸「ママに頼んで『何でもいいからワンピース送って』て頼んだらしまむらのワンピース送られてきた」


質問コーナー
「迷ったとき辛いときどうしてますか」

木戸「初心を、一番最初に好きになったアニメのことを思い出してる。『しゅごキャラ!』っていうアニメがあるんですよ。もう最&高!」

Machico「最&高!久しぶりに聞いた」

木戸「水樹奈々さんのCM見て声優って職業意識し出した」

しゅごキャラ! キャラクターソングコレクション3

しゅごキャラ! キャラクターソングコレクション3

Machicoさんは水着NGとのことですがギリギリを攻めたいことは」

木戸「水着なんてダメに決まってんじゃん!」

Machico「トホホ~」

木戸「そこまでして肌晒したいと思う!?じゃあ写真集出しますってなったら水着着ますか!?」

Machico「や、むしろ出しましょうかみたいな。出せるときに出しときたい」

木戸「私は『水着やりませんかって言われても絶対やらない条件ならおk』て両親に約束してんだ(青森弁)」



「緊張を和らげる方法はありますか?」

木戸「そんなものはありません。時間が解決してくれるのを待ちましょう」

Machico「ウチはすごい目立ちたがりだから学校で手挙げまくってたけど、いざつまみ出されると何すればいいか分からなくなってふぇ~てなってた」

木戸「私たちのTwitter見て頑張ってください」



「最近はっちゃけたこと」

木戸「ばんなむふぇす。本番の時リハと全然違って飛び跳ねてた」

Machico「ハロウィン。ジュディのコスプレ」

www.instagram.com


「もし二人が同じ大学だったらどんな風に出会っていたと思いますか」

木戸「Machicoちゃんは特定のグループには入らないじゃん?」

Machico「確かに一つのところにはずっといなかったかな」

木戸「私の学校は必ず何かのグループに入らないといけなくて。辛い世の中ですよ。私は静かなグループに入ってました」


木戸「理科の実験でマッチの火とか無理だった」

Machico「学割は使える内に使って文化に触れておくように」


Machico「いぶいぶは一時期『私は子どもじゃありませんオーラ』出しててほほえましかった」

木戸「そんな時期あった!?」


他にも色々言ってた気がするけど忘れちゃった。


gamp.ameblo.jp


つつがなくトークショーが終わってよかったです。いい感じに話も弾んでた感じします。木戸衣吹さんは偉大だ。


Machicoさんはマジで学校が好きなんだな~というのを最後の挨拶で改めて思ったと同時に、なんか知らんけど涙が溢れてしまいました。キモすぎ。

金欠で今回はリリイベあんま回れないので、今のうちにMachicoさんを目に焼き付けることができたのは良かったな~と言った感じです。


とりあえず再就職してイベント行く金を稼ぎたい(トホホ~



最後に
ここまで読んでいただきありがとうございました。