じゃこびの町

住所不定無職低収入

映画『幸せのレシピ』を観た

2月14日、ドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイクであるところの『幸せのレシピ』(原題 : No Reservations)を観ました。

幸せのレシピ (字幕版)

幸せのレシピ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

普通に面白かったです。

我那覇響が同名の曲を歌ってたからというしょうもない理由で観始めましたが、普通に楽しめました。

しあわせのレシピ

しあわせのレシピ

あらすじ

ニューヨークの高級レストランで総料理長を務めるケイトは、ある日姉を交通事故で失ってしまう。母親を亡くした姪のゾーイを引き取るケイトだったが、互いに距離感をはかりかね、新生活は難航。レストランの厨房には新たな副料理長 ニック・パーマーが就任し、自分と正反対の彼のやり方に次第にいら立っていき───


幸せのレシピ(字幕版) (予告編)

キャスト・スタッフ

ケイト・アームストロング : キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ニック・パーマー : アーロン・エッカート
ゾーイ : アビゲイル・ブレスリン
ポーラ : パトリシア・クラークソン
セラピスト : ボブ・バラバン
クリスティーン : アリヤ・バレイキス

監督 : スコット・ヒックス
脚本 : キャロル・フックス
音楽 : フィリップ・グラス
配給 : ワーナー・ブラザース

感想

前半はキャサリン・ゼタ=ジョーンズのヒステリックで視聴者のfrustrationもマッハで溜まっていくんですが、その分ゾーイやニックに心を開いていく後半は気持ちいい。人生ゲームにマジになるアラフォー、あまりにも可愛すぎる。

ケイトの料理を何も食べなかったゾーイが厨房でニックのパスタをパクつくシーンと、ニックと初めてキスして見送りのドアを閉めるときのケイトが俯きがちに笑みをこぼしちゃうとこが好き。

終盤のニックと喧嘩別れする場面。ゾーイの捜索をきっかけに寄りを戻す感じね~とウンウン頷きながら観てたんですが、そのままレストランを去りサンフランシスコに行っちゃって発狂。
かと思いきや、客にキレ散らかしてケイトもレストランを辞めてニック追っかけてシスコへ……て二段構えで騙された。悔しい。

パンケーキ食ってるときの「ゾーイとニック、ケイトのレストラン」て話が最後に回収されるのは見ててホッコリしました。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。