じゃこびの町

住所不定無職低収入

【感想】映画『デジモンアドベンチャー』を観たけど凄すぎて失神した

3月27日、映画『デジモンアドベンチャー』を観ました。

デジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャー

  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: Prime Video

あっぱれ。

デジモンの映画は『ぼくらのウォーゲーム』と『ディアボロモンの逆襲』くらいしか知らなかったんですが、これやばいですね。

20分という上映時間から少しなめてた節があったんですが、見事に返り討ちされてしまいました。

あらすじ

ある日の深夜、八神ヒカリとその兄太一は、家のパソコンから謎の卵が飛び出してくるのを見つける。大事に卵を温めるヒカリ。

朝になると、卵から謎の生物 ボタモンが飛び出してくる。ボタモンはコロモン、アグモンへと次第に成長していき…


デジモンアドベンチャー


キャスト・スタッフ

八神太一 : 藤田淑子
八神ヒカリ : 荒木香恵
コロモン : 坂本千夏
太一の父 : 石丸博也
太一の母 : 榊原良子
猫のミーコ : 冬馬由美

監督 : 細田守
脚本 : 吉田玲子
原案 : 本郷あきよし
音楽 : 有澤孝紀
主題歌 : 「Butter-Fly」和田光司
制作会社 : 東映アニメーション
配給 : 東映

感想

正に「伝説はここから始まった」という感じの作品。

大人気ゲーム「デジタルモンスター」の初の映像化作品にして、レジェンドアニメ『デジモンアドベンチャー』の前日譚。

遊戯王ドクタースランプとの同時上映ということもあって、上映時間はわずか20分なんですが、その短時間にこれでもかと""映像""が凝縮されていてすごいです。


丁寧に描かれる八神家の生活風景、幼い兄妹の所作、仕草。今までの生活空間に突如現れる謎の生物、そこに溶け込んでいく過程、ささやかな絆。

深夜の光が丘の空気感。巨大になったボタモン(アグモン)とその不気味さ、始まる非日常。巨大なデジモン同士の大迫力のバトル。

その一つ一つの描写が印象的なアングルやカメラの切り替えの中で演出されていて、本当に引き込まれてしまいます。無駄なカットが何一つないっていうのはこういうことを言うんだろうなぁと思いました。

複雑なストーリーもどんでん返しもなかったとしても、映画はここまで観客を魅了することができるんだなぁと感じさせてくれる作品でした。


ここまでで既に1億点くらい点数をつけたかったんですが、最後に和田光司のアカペラButterflyがはじまって完全に ∞ になってしまいました。

神映画。

Butter-Fly

Butter-Fly

未視聴のデジモンファンの方は絶対観てください。ここから始まる伝説の目撃者になりましょう。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。