じゃこびの町

住所不定無職低収入

映画『ニキータ』を観た

5月11日、映画『ニキータ』を観ました。

ニキータ (字幕版)

ニキータ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

普通におもしろかったです。

あらすじ

警察官を殺害し、薬殺刑に処されてしまう麻薬中毒者の少女、ニキータ。しかし、目が覚めると彼女は諜報機関の施設の一室で横になっていた。政府のエージェントであるボブは、ニキータに政府の工作員になるよう迫る。

最初は反発するものの、次第に状況を受け入れ訓練に励みだすニキータ。数年の時が経ち、外の世界への外出を許可されるニキータだったが──。


Nikita (1990) Trailer

感想

ニキータが情緒不安定すぎて笑える映画でした。こんなにも癇癪起こす工作員いる?

スパイ映画のエージェントと言えば、多少の葛藤はあるものの、華麗に黙々と任務をこなす印象が根強かったんですが、根本からそのイメージを壊す映画でした。

3年も訓練したら冷酷な殺戮マシーンになるかと思いきや、いつまでもガキみたいにはしゃいだりキレ散らかしたりしてるのがウケる。まあ普通はこうなるわな。

人間臭すぎて非常に好感のもてるキャラでした。

任務がすぐ終わったので、買い物寄って早くに家帰って床転がってるシーン可愛すぎ。

泣きじゃくりながら「もう任務やめよう」つったらジャン・レノに一喝されてしまうという画もおもしろかったです。

あと敵の死体集めて塩酸で溶かそうとしたら実は生きていて、浴槽で壊れたおもちゃみたいにカクカク動いてたところ怖すぎ。幼少期に見てたら絶対トラウマになってた。

ニキータ [Blu-ray]

ニキータ [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: Blu-ray

リュック・ベッソン監督はマジでたくましい女の子(?)を主人公にするのが好きですね。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。