じゃこびの町

住所不定無職低収入

『ニーチェ詩集』を読んだ

5月14日、浅井真男訳の『ニーチェ詩集』(1967)を読み終わりました。

f:id:jacobmacfi:20200514213407j:plain


むずしかったです。


声優の和井みずきさんにおすすめされたので軽い気持ちで読んでみたんですが、まあ訳がわからないのなんの。

難解というより、ぼくの想像力が乏しいから詩に込められた感情、思想、論理が汲み取れられないだけかもしれません。

いずれにしても、十分にこの本を楽しめなかったのは悔しいところ。トホホ。

歌謡よりは箴言詩の方がまだ頭に入ってきました。

ニーチェというと哲学者のイメージが強かったんですが、詩人としても活躍してたというのが結構意外。本人は自身の力量のなさを嘆いていたみたいですが。



もう少し詩に触れてみてからチャレンジしたいです。


最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。