じゃこびの町

住所不定無職低収入

映画『最強のふたり』を観た

5月17日、映画『最強のふたり』を観ました。

最強のふたり (字幕版)

最強のふたり (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

よかったです。普通に笑えました。

あらすじ

脊椎を損傷し首から下を動かすことができなくなった大富豪 フィリップは、身の回りの世話をしてくれる人間を探していた。
そんな彼の専属介護士の面接に、スラムの青年ドリスが現れる。ドリスは不採用になることで失業保険を継続させる目的で面接を受けに来たが、フィリップは彼を気に入って採用してしまう。

フィリップの豪邸に住み込みことになり、慣れない介護の仕事にドリスは奔走するが───。


映画『最強のふたり』予告編

キャスト・スタッフ

フィリップ : フランソワ・クリュゼ
ドリス : オマール・シー
イヴォンヌ : アンヌ・ル・ニ
ガリー : オドレイ・フルーロ


監督・脚本 : エリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュ
音楽 : ルドヴィコ・エイナウディ
製作会社 : Quad Productions
配給 : ゴーモン、ギャガ

感想

いい感じに心温まる映画。

ドリスの言動が不謹慎すぎてめちゃめちゃ笑えました。ここまで障害者をネタにする映画の登場人物も中々いないです。

体の自由不自由に関わらず、分け隔てなく一人の人間として対等に扱ってるがゆえの態度なんですごい見てて気持ちいいんですが、これ日本の映画でやったらめちゃめちゃ叩かれんだろうな~とも同時に思いました。

高尚な文化に無関心すぎるドリスが、一流のアート、音楽をボコボコに貶しまくる様は痛快。劇場で大爆笑するところはこちらも釣られて笑っちゃいました。

フィリップの遺産を狙う親族の登場や、ドリスの家庭問題みたいなトラブルエピソードがぶちこまれると思ったんですが、特に大したハプニングもなく映画がラストを迎えてよかったです。ストレスフリー。
この手の話は、二人が仲違いする展開とかが絶対挟まれる印象持ってたんですが、そんなものもなくて結構意外でした。

二人とも存命のままエンドロール迎えたのも驚き。

特に山場とかはないんですが、育ちや価値観が異なる二人が互いを認め、立場を越えて友情が育まれていく毎日、その過程が本当にすてきでした。あっぱれ。

最強のふたり [Blu-ray]

最強のふたり [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/02/02
  • メディア: Blu-ray

随所に挟まれるタバコ吸うとこの抜き方がいちいち絵になっていて、こだわりを感じました。
冒頭にあった車内での喫煙シーン、終盤見るとまた違った印象が生まれてよかったです。


また見たい。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。